彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

グッド・ウィル・ハンティング - 天才の義務

春の恒例行事といえば歓送迎会ですが,このあいだ飲み会の席で,天才とか才能についての話になりました。

天才の義務

実は持論がありまして,いや,人にはなかなか言わないのですが,

天才とか才能ある人が世の中に貢献するっていうのは,権利ではなくて義務

だと考えています。だから,才能を無駄遣いしている人をみると,少し残念な気持ちになる。

グッド・ウィル・ハンティング

...少しハナシ逸れますけど『グッド・ウィル・ハンティング』という映画をご存じでしょうか?

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]


ヘタな解説なんかはしませんが,大好きなシーンがあって。


才能を無駄遣いするウィル(マット・デイモン)に対して,親友のチャッキー(ベン・アフレック)が放った,愛のあるコトバ。

親友だからハッキリ言おう


20年たって
お前がここに住んでたら
おれは お前をぶっ殺してやる
脅しじゃない 本気だ


お前は おれたちと違う


お前は自分を許せても
おれは許せない


おれは50になって
工事現場で働いててもいい


だがお前は宝くじの
当たり券を持っていて
それを現金化する勇気がないんだ


お前以外の皆は
その券を欲しいと思ってる


それをムダにするなんて
おれは許せない

僕も,まさに,そう思う。

さすがは天才マン

で,飲み会のハナシに戻るんですが,そのとき,ある先輩職員に言ったんです。天才マンに。

ボク,こんなこと言うの100年早いですケド,ボクは,天才っていうのは,天才の人が世の中に尽くすのは,これは権利ではなくて,義務だと思うんですよね。


そう言ったら,あっさり

うん,そうだよ?

って言われてしまいました。至極,あっさりと。


嬉しくって,嬉しくって。(*´Д`)
さすがは天才マン。


こののち,この天才マンが僕プロデュースによって世の中に送り出されることになるとは,まだ誰も知りません...


ふっふっふ。