彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

ブログを書くということは,読む人の時間を削り取るという覚悟が要る

以前のエントリーの中で,

ブログは,未熟な内容でも,どんどん情報を発信していったほうがいい

という旨を書きました(ブログは,未熟な内容でも書いたほうがいいですか? - 枯れ木も山の賑わい


未熟な内容でも,自分の世界に閉じ込めておくよりは発信したほうが,世の中全体を考えると良いことが多いのではないかと。


基本的に,今でもその考えは変わっていません。僕たちは発展途上の段階であっても,いや,発展途上の段階の人こそ,もっともっとアウトプットすべきだろうと思います。

ハッとさせられる記事

ただ,その一方で,先日,ハッとさせられる記事に出会いました。

本を買ってもらうということは、お金をもらうということだ。本を読んでもらうということは、時間をもらうということだ。お金は返すことも出来るかも知れないが、時間は決して返金出来ない。だから、文章を書くということには、ある人の人生をその時間分削りとるという覚悟が要る。


自分を省みたときに,ちょっとそのあたりの認識が甘かったかもしれない。もちろん,考えてはいたつもりでしたけどね。単なるつもり。うん,甘かったな。


そう思いまして,このブログの下書きに使っていた Evernote は,今まで一部公開していましたが,しばらく公開を止めることにしました。内容が中途半端なので。他人様に見せるには,ちょっと,覚悟が足りない代物なので。

おわりに

まぁ,自分のことはさておき,先のしんざきさんの記事は惚れ惚れする内容です。ぜひご一読ください。


特に最後の一文。美しい。ボクもまったく同じ気持ちなので,勝手ながら,引用させていただいて締めくくろうと思います。

私の文章を読んだことで削られた人生の、その十分の一にでも見合うものを、私の文章を読んでくれる人に差し出せます様に。