読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

Ctrl(Control)キーと CapsLock キーの位置問題に折り合いをつけてみる

前回「Windows のすべての操作を Emacs 風に変更するツール Xkeymacs が手放せない」というエントリーのなかで,XKeymacs を使えば,キーボードレイアウト(キーボード配列)も変えられるよ,と書いたことをきっかけに,

職場で,

結局,Ctrl(Control)キーと CapsLock キーの位置はどこであるべきなんだ?

という論議が巻き起こってしまいました。(*´Д`)

一般的な意見と反対意見

一般的に Emacs を使う人が行うのは,“Ctrl(左)と CapsLock の位置を交換する”というもの。

ただし,コピー(Ctrl+C)&貼り付け(Ctrl+V)等のキーボードショートカットを,もう左手が覚えてしまっていて(特に右手でマウスを握っているとき),Ctrl が A の左に移ってしまったら,ものすごい違和感を感じるという反対意見も出たりして。

うん,それもわかる。

これなら,どうだ

そこで提案。だったら,

Ctrl(左)はそのまま残して,Ctrl(右)と CapsLock を交換

してはどうか,と。

これなら,Emacs キーバインドに必須である Ctrl は,ホームポジションを崩さずに押せるし,コピー(Ctrl+C)&貼り付け(Ctrl+V)等もこれまでどおり使える。

実際,Ctrl(右)と CapsLock を交換してみてしばらく経ちますが,いまのところ,何の不自由も感じていませんし,むしろ快適すぎて困るくらいです。(^ ^;

めでたし,めでたし。
ということで,皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

ではでは。

おまけ - 「変換」キーと「無変換」キー

ちなみに,同じく定番の「変換」キーと「無変換」キーについては,僕は,次のように設定しています。これまで年に 10 回も押すことがなかった彼らが,いまや大活躍のスター選手です。

  • 変換キー → IME オン
  • 無変換キー → IME オフ

※そもそも標準設定どおり「半角/全角」キーで IME を制御しようすると,いまがオンなのかオフなのかを覚えておかなければいけない(もしくは画面下をみて確認しないといけない)ということが苦痛で苦痛で仕方がなかったのです。(^ ^;