読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

はてなダイアリーの公式テーマ「4chairs-lime」にひと手間加えてみた(3) - 画面の両端をグレーにして引き締める

デザイン ブログ

はてなダイアリーの公式テーマ『4chairs-lime4chairs-lime』にひと手間加えてみた」シリーズも、早くも第3回。今回が最終回となります。

今回は上から3番目の項目と、一番最後の項目について書きます。

Before

編集前はこんな感じ。好みの問題もありますが、画面がなんとなく間延びしたような感じがして。


After

両端に色を入れることで、引き締まったような感じがしません?ん??


スタイルシート

画面の両端をグレーにして引き締めるスタイルシートはこちら(↓)。

body {
    background-color: #f3f3f3;
}

div.hatena-body {
    width: 870px;
    margin-top: 10px;
    background-color: #fff;
}


その他、細部の微調整を。

body {
    font-size: 85%;
}

h1 {
    padding-top: 270px;
}


/* main */
div.section p {
    padding-bottom: 0.5%;
}

div.hatena-asin-detail {
    background-color: #fff;
    border: none;
}

神様は細部に宿る

今回の編集をとおして、改めて実感したのは、建築家のミース・ファンデルローエの言葉ですが、「神様は細部に宿る」ということ。*1


やはり細部如何で、全体のクオリティの高さが全然違ってくる。例えば、フォント。文字の大きさ。行間。微妙な色の違い。直線で囲むのか角丸にするのか...etc ほんのちょっとのことなんですけどね。


実は過去に、そういう細部のことで同僚を喧嘩した記憶がありまして。


年配のおじさんプログラマー。
細部にこそこだわるべき、という感覚を理解してもらえなかったし。細部にこだわるべき仕事と、そうでない仕事の区別の仕方も理解してもらえなかった。


あのときはどちらが折れるべきか散々迷ったけど、いまになって思うのは、やっぱりあれはあれで、折れなくてよかったんだ、ということ。


細部、大事です。

*1:よく「神は細部に宿る」って訳されているけど、やっぱ「神様」でしょ!?どっちでもいいとか言っちゃダメよ?