読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

ULTRA WiFi SoftBank 007Z について知っておきたい 10 のこと

モバイルデータ通信 | ソフトバンクモバイル

1か月ほど前(2011年7月)、ソフトバンクモバイルルーター「ULTRA WiFi SoftBank 007Z」を買いました。イー・モバイルPocket WiFi(GP02)や WiMAX という選択肢もあり迷いましたが、結果として ULTRA WiFi を選んで良かったと満足しています。以下、まとめます。

ULTRA WiFi SoftBank 007Z について知っておきたい 10 のこと

  1. 競合とざっくり比較(サービスエリア、料金)
  2. 機種代金は一括で支払った方がおトクな場合もある
  3. メインエリア通信、サブエリア通信という用語はおさえておく
  4. 通信速度の実測値はどのくらい??
  5. バッテリーは実際どのくらい持つ??
  6. 通信速度よりも通信制限の方が重要
  7. メインエリア通信とサブエリア通信の切替
  8. WEP から WPA へ切り替えておいた方がいいかも
  9. Utility(ユーティリティ)を起動しても「ページが見つかりませんでした」
  10. 接続の調子が悪くなったら、とりあえず SoftBank 007Z を再起動

おまけ -「Connected」「Disconnected」という表示について

1. 競合とざっくり比較(サービスエリア、料金)

競合もあるなかで、どうしてソフトバンクの「ULTRA WiFi」を選んだのか?ざっくり言うと次の理由です。

イー・モバイルの「Pocket WiFi(GP02)」が出るまで様子を見ていましたが、いざ較べてみるとソフトバンク圧勝でした(さすが孫さん)。比較については下記記事も参考になります。

2. 機種代金は一括で支払った方がおトクな場合もある

ソフトバンクの ULTRA WiFi SoftBank 007Z を選ぶとして、標準では機種代金は分割支払になります。月々1,400円x24回=33,600円です。最初の2年間は月額料金が 1,400円割引になるので、機種代金は「実質 0円」だと説明されています。

(月額料金)
データ通信料    3,880円
機種代金(分割)1,400円
割引           -1,400円
------------------------
計              3,880円

ただし、希望すれば機種代金を一括で支払うことも可能です。一括支払の良いところは、次のとおり。

  1. 家電量販店なら、ポイントが付く場合がある
  2. ソフトバンクショップなら、ソフトバンクポイントを購入代金に充てることができる

僕はソフトバンクポイントを使うために一括支払にしました。一括で支払った場合でも最初の2年間は月額料金の1,400円割引が受けられるので、つまりは月額2,480円になります。

(月額料金)
データ通信料    3,880円
機種代金            0円(一括で支払済み)
割引           -1,400円
------------------------
計              2,480円

なおウェブで検索したところ、機種代金が一括購入で10,000円前後のお店がありました。一括購入で0円のお店もあるそうです。ただ、僕が住んでいる近くのヨドバシカメラベスト電器ヤマダ電機に訊いてみましたが、いずれも定価の33,600円でした(2011年7月28日の時点)。

3. メインエリア通信、サブエリア通信という用語はおさえておく

SoftBank 007Z にはメインエリア通信用の SIM カード1枚と、サブエリア通信用の SIM カード1枚の、合わせて2枚の SIM カードを使います。

(2011年11月19日 訂正)

SoftBank 007Z にはメインエリアとサブエリアの 2つのエリアで通信ができる SIM カードが 1枚入っています。2枚じゃないです。申し訳ありませんでした。

詳しくは後述しますが、通信速度や通信制限の関係で違いがあるので、2つの通信の意味をおさえておいた方が良いです。

メインエリア通信
ソフトバンクの下り 42Mbps 通信網を使う通信です。
サブエリア通信
イー・モバイルの通信網を使う通信です。下り 42Mbps 通信のときもあり、7.2Mbps 通信のときもあります。

(参考)サービスエリア:モバイルデータ通信 | ソフトバンクモバイル

4. 通信速度の実測値はどのくらい??

通信速度を実際に測ってみました。条件は下記のとおりです。あくまで参考ですが。

  • ソフトバンクのメインエリア。アンテナ数 MAX
  • 屋内で計測(屋外だと若干速度が上がるらしいです)
  • 3回計測して、いずれも同じような数値であることを確認
  • PC と SoftBank 007Z 間を、WiFi で接続したときと USB ケーブルで接続したときをそれぞれ計測

WiFi 接続時)

(USB 接続時)

PC と SoftBank 007Z 間を USB で接続した方が速度は出ますが、WiFi で接続したときでも普通にブラウジングする分にはストレスを感じませんでした。

一方、YouTube で動画を観ようとすると、USB 接続してかつ動画の画質を下げても、ちょくちょく一時停止になってしまいました。

5. バッテリーは実際どのくらい持つ??

バッテリーの持ちは、仕様では「連続通信時間 4時間」です。しかし、実際に測ってみると 5時間15分でした。SoftBank 007Z の接続状態はずっと「Connected」のまま、ブラウジングしたりサーバに SSH で接続してゴニョゴニョしたり。

上記結果から想像するに、仕様の「連続通信時間」というのは「Connected にしたまま」という意味ではなく、「実際にデータを通信したまま」の時間なのでしょう。

ちなみに前述のとおり、PC と SoftBank 007Z 間を USB で接続することができ、USB で接続している間は PC から充電することができるので、いまのところ不自由はしていません。なお、専用の USB ケーブルは付属品のなかに含まれています。

6. 通信速度よりも通信制限の方が重要

通信速度やバッテリーの持ちよりもむしろ通信制限の方が重要かもしれません。「データし放題」という文言が使われていますが、実際には一定の通信量を超えると「速度制限」の対象となります。ソフトバンクショップの方に「速度制限」の内容を確認したところ「通信速度が最大 7.2Mbps になってしまう」とのことでした。

通信エリア 制限対象 制限期間
メインエリア 月間パケット通信量が 3,000万パケットを超えたとき 翌々月
サブエリア 24時間ごとのパケット通信量が 300万パケットを超えたとき 当日の21時から翌日2時まで

データし放題フラット for ULTRA SPEEDの注意事項:モバイルデータ通信 | ソフトバンクモバイル

月間3,000万パケットというとピンと来ないかもしれませんが、1パケット=128バイトなので、1日あたりに換算すると 122MB です。結構厳しいです。とりわけ動画などを観なくてもすぐに超えてしまう基準だと思います。

一方、サブエリアでの通信においては 24時間あたり(バイトに換算すると)366MB で、制限期間も当日の夜中のみなので、メインエリアの基準に較べると緩やかですね。

7. メインエリア通信とサブエリア通信の切替

上記のとおりサブエリア通信の方が通信制限の基準が緩いので、あえてサブエリアを使用したい場合もあると思います。

SoftBank 007Z 単体では通信エリアの手動切替ができませんが、PC または iPhone 等からブラウザで「SoftBank 007Z ユーティリティ」というソフトウェアを使って手動切替できます。詳細は取扱説明書を参照してください。

なお最近では iPhone / iPod touch / iPad から SoftBank 007Z を操作できるアプリがリリースされたようです。


iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 007z status

8. WEP から WPA へ切り替えておいた方がいいかも

通信の暗号化方式についてはデフォルトでは WEP になっています。無理にとは言いませんが、セキュリティを考慮すると WPA に切り替えた方が良いかもしれません。こちらも詳しい説明は取扱説明書に譲ります。

ついでに言うと、Mac アドレスや IP アドレスでアクセス制限をかけることもできたりします。

9. Utility(ユーティリティ)を起動しても「ページが見つかりませんでした」

あ、そうそう。取扱説明書を見ても分からなかったことがひとつありました(>> ウェブで解決方法が見つかりました)

SoftBank 007Z ユーティリティ」を起動すると、ブラウザから「http://www.ufi.home/」にアクセスすることになる仕様ですが、「ページが見つかりませんでした」というエラーになることがしばしばありました(PC と SoftBank 007Z 間を WiFi で接続した場合)。

そんなときには「http://192.168.3.1/」にアクセスすると解決します(「192.168.3.1」というのは、SoftBank 007Z の IP アドレスです)。

10. 接続の調子が悪くなったら、とりあえず SoftBank 007Z を再起動

例えば PC がスリープから復帰したときなど、ときおり、表示上はインターネットに接続された状態になっているのに、実際には繋がっていないという場合があります。

そういうときは、とりあえず SoftBank 007Z を電源オフ&オンで再起動してみてください。大抵の場合は解決すると思います。(経験上「SoftBank 007Z ユーティリティ」から切断&接続し直しするよりも高い確率で解決しました。)

おまけ -「Connected」「Disconnected」という表示について

最後。おまけ的に。SoftBank 007Z の端末に「Connected」とか「Disconnected」と接続状態が表示されるのですが、「Disconnected」になっていても PC から WiFiSoftBank 007Z の設定を変更できたりして不思議でした。

なんてことはない、「Connected」「Disconnected」というのは PC - SoftBank 007Z 間のことではなく、SoftBank 007Z とインターネットの間の接続状態を表していたんですね。はいはい、僕がバカでした。

...以上です。駆け足でまとめてみましたが、どなたかの参考になれば幸いです。シュワッチ。