読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

Rails 製の人妻動画サイト「h300」の復刻版をリリースしました

2012年の春、90日間限定で公開したエロサイト。

予定どおりクローズしたものの、クローズからおよそ半年経った現在でも、未だにサイト名で検索して辿り着くユーザーも相当数いらっしゃるようでして。

...というのは口実で、要は自分が一番復活を望んでいたサイトだったので、このたび復刻版をつくってリリースしました。

(※大人の事情により、リンクはやむなく削除しました)

見た目は 2012年春の前バージョンのものとほぼ同様ですが、パフォーマンスを上げたり、そのほか結構内部に手を入れました。以下、まとめます。

Rails 製のエロサイトの復刻版をリリースしました

1. URL の変更

前バージョンから URL を変更しました。

元々の URL は、その後に http://a.300x.info とか http://n.300x.info とかシリーズものを出していこうかと考えていたのですが、その予定を中止したことと「h300.info」で検索している方が多数いらっしゃるようなので、この機会に URL を変更しました。

2. Ruby on Rails 3.2.7

前バージョンでは Rails 3.2.1 を使っていましたが、今回の復刻版では、Rails 3.2.7 までバージョンを上げています。

Rails は現在 Rails 3.2.9 までリリースされているのですが、そこまで上げなかった理由としては、スマートフォン対応として使用しているライブラリの「jpmobile」が、3.2.8 まで上げるとエラーとなって、かつ対応が難しかったためです。

3. ビジネスロジックをコントローラからモデルへ移すリファクタリング

大変お恥ずかしい話なのですが、前バージョンでは、下記で指摘されているような「ビジネスロジックを含んだ分厚い Controller」を書いていて、ようやくそれがどうしてダメなのかを実感できたので、ビジネスロジックをモデルへ移す、大規模なリファクタリングを行いました。

4. レスポンシブではない bootstrap

2012年の秋にリリースした「babyshark」では bootstrap を使ってレスポンシブにしています。

しかし、h300 復刻版では、baotstrap を使っているものの、レスポンシブにはせず、PC 用とスマホ用、別々のビューファイルを作成しました。

というのも、そもそもレスポンシブが登場した背景には、

いろんな大きさの端末ごとに、それぞれビューファイルを用意するのは面倒

という考えがあったと思うのですが、実際にレスポンシブなサイトをつくってみると、

レスポンシブにして、いろいろ CSS の変数とかを計算したり、設計したりする方が手間がかかる

という感触を受けました。もっと突っ込んでいうと、

  • 1. bootstrap 等のフレームワークが用意してくれている土台に乗っかるのであれば、レスポンシブにした方がラク
  • 2. フレームワークを使わずに、あるいはフレームワークを使うけど、完全には乗っからないやり方であれば、レスポンシブにしない方がラク
  • 3. どうしても既存のサイトをレスポンシブにしたいのであれば、いまあるコードをいじるよりも、フレームワークを使って、新規に組み直す方がラク

という感じです。ただ最近 iPad mini も出ましたし、今後ますます多様な大きさの端末が出てくることを考慮したときに、果たして 1年後も同じことを言えるかどうが怪しいので、ちょっとした実験台が欲しくなりました。その実験台として、h300 復刻版を使おうと考えています。

5. タブレット対応

前バージョンでも、スマホ用のビューは用意していました。

しかし、タブレットについては、アクセスが少なかったため、検証もせずに放置していました。その結果、タブレットからのアクセスに対して、スマホ用ビューを表示させていました(つまり見づらい)

ところが、2012年の秋に babyshark をリリースしてタブレットからのアクセス数を見ると、全体のおよそ2割に達していました。おそるべき普及スピードです。慌てて対応を検討し、とりあえず スマホ用ビューではなく PC 用ビューを表示させるよう、変更しました。

6. もっとリーンに

babyshark のリリース時に「リーン・スタートアップ」に強く影響を受けた旨を書きましたが、それは今回も意識しています。

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

例えば、h300 で人妻のジャンルを、babyshark で日本人AV女優のジャンルを狙いましたが、今後、トータルでのアクセス数を伸ばしていきたいと考えたとき、

  • もうひとつの大きなジャンル「素人、企画モノ」を狙った方がよいのか、既存のサイトを強化していった方がよいのか?
  • 既存のサイトを強化するにしても、動画数を充実させた方がよいのか?機能を追加した方がよいのか?宣伝に力を入れた方がよいのか?
  • 機能を追加するとしたら、どの機能を追加すべきか?あるいは、どの機能は、もう力を入れなくてよいか?

いろんな方向がありますが、どの方向に進むのがよいのかは誰にも分からないので。力を入れるべきでないところにガッツリ注力してしまうことのないよう、仮説を検証しながら、細かいサイクルを回して、進もうと考えています。

(ふと思ったのですが、h300 と babyshark という、似たようなサイトを 2つ持っているというのは、AB テストのような感じで、仮説の検証がやりやすいのかもしれません)

そして、サイトの成長とともに、自分自身も(必ずしも技術力に限らず、サイトの運営力も含めて)成長させていけたらいいなと考えています。2013年もどうぞよろしくお願いします。

(※大人の事情により、リンクはやむなく削除しました)