彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

ウェブ技術や日々考えたことなどを綴っていきます

ある日突然,人事異動を言い渡されてしまいました - それでも自分で決めるんだ(あひるの空 23)

突然の異動通知。

いまの部署のメンバーをすごく気に入っているのに,出ていかなきゃいけないらしい。orz

しかも,9/18(金)に言い渡されて,10/1(木)から新しい部署で,ってどゆこと!?(シルバーウィークのため)あと 5営業日しかないじゃん!

**自分でも不思議な,思考のメカニズム 異動を言い渡された当日は,飲み会で散々毒吐きましたが,実はその時から「次の日から気持ちを切り替えよう」とすでに密かに決めていて(なんという冷静さ!),実際,次の日,そのとおり心中穏やかになりました(オレ天才)。

思えば昔からそういうところがあって,なんというか,自分ではどうにもならないことについては,深入りしないように自動的にブレーキがかかるようになっているみたいです。

今回の件も「その異動ってお断りすることはできるのですか?」って訊いて,「外部機関への異動なら断ることもできるけど,今回は内部での異動だから無理」って言われて,不思議と,あぁ,そうですかとすんなり了承していました。

思考回路としては,

ということは,自分がとりうる選択肢は, (1) 異動を受け入れる (2) 退職願を提出する

のどちらかだな。

→ 今回は (1) のほうが良さそうだ。 << と瞬間的に「判断」して,「決断」をしました。

**最後に決めるのは,自分 いつだって,そう。

どんなに理不尽な要求だろうが(そして今回,べつに理不尽というわけではない)最後に決めるのは,自分。

もちろん周囲によって「影響」は受けることもあるけれど,「決断」をするのは,いつだって,自分。

他の誰にも決めさせるもんか。 言い訳なんかするもんか。

あひるの空(23) (講談社コミックス)

あひるの空(23) (講談社コミックス)

チームに必要かどうかは 自分で決める

...夏目君の言葉は 間違いだ

必要かどうかを決めるのは 往々にして 他人のことの方が多い

それでも 自分で 決めるんだ

自分で 決めるんだ <<

あ。やっぱりウソ。 ほんとは,離れたくない。 ほんとは,不安でいっぱい。

どうしよう...... やば。泣けてきた...... (T_T)

**参考サイト -退職願・退職届・辞表の書き方

**このエントリーのつづき -嫌われて御出でよ。向かい風,乾杯! - 余興(椎名林檎)

**関連エントリー -仕事は「やらされる」ものですか?「やる」ものですか? - あひるの空 21